北海道でのいじめ・暴力・ひきこもり治療について考える。体験発表や講演、研究報告、発表会情報
北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会
 
札幌市西区山の手5条5丁目1−1  TEL 011-644-5111  
HOME 開催一覧 主催・運営事務局 会則 会の歴史・沿革 プライバシーポリシー
 
HOME > 開催一覧 > 第13回 研究会開催概要
第13回 思春期の心の講演会、相談会 開催概要
体験発表4題 (不登校・ひきこもり・摂食障害・薬物依存症などからの回復体験)
その他に特別講演も多数あります。
第13回 思春期の心の相談会、講演会の概要
日 時: 2010年6月12日(土) 13:30〜17:00
主 催: 北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会
共 催: 北海道内観療法懇話会(第25回)、日本臨床内観療法研究会(第6回)
会 場: 札幌市教育文化会館 小ホール(1F)
札幌市中央区北1条西13丁目
後 援: 北海道医師会、札幌市医師会、北海道教育委員会、
札幌市教育委員会、北海道学校保健会、 札幌市学校保健会、北海道PTA連合、札幌市PTA協議会、 北海道断酒連合会、札幌連合断酒会、 北海道アルコール症予防・早期発見・解決市民フォーラム、 ニドムの会
参加費: 無料。
北海道医師会の承認を得て 「北海道医師会生涯認定教育講座」(4.5単位)、
リーフレットとプログラムはこちらをクリックしてご覧下さい。(pdf形式)

幼児から高齢者に至るいじめ、不登校、暴力、ニート、ひきこもり、食行動異常、リストカット、アルコール・薬物・ギャンブル依存などの予防、解決、癒しの場です。家庭、学校、職場などで、これらの問題で悩んでいる方、そのご家族など、どなたでもお気軽にご参加できます

プログラム
13:00 開催挨拶 太田耕平(医療法人耕仁会理事長、札幌太田病院名誉院長)
13:05 問題提起 『長期ひきこもりの先行きを輝かせるには…』
佐々木智城(スクールカウンセラー、臨床心理士)
  研究発表1. 『家族療法・化粧療法の治療報告』
座長:太田秀造(医療法人耕仁会 札幌太田病院院長)
13:10 『化粧療法の有効性』/スライド
編田法子(作業療法課 作業療法士)
13:20 『家族同時内観療法の有効性に関する調査〜思春期症60例についての予備調査結果〜』 /スライド
奥村弓恵(内観療法課 心理士)
  研究発表2. 『病棟・デイケアにおける小弓道療法の実践報告』
座長:池川洋(医療法人耕仁会 札幌太田病院副院長)
13:30
『当院における小弓道療法の経過と職員の実践研修について』/スライド
小田島早苗(副総看護師長兼ストレスケア病棟長 看護師)
13:40 『思春期デイケアでの社会復帰を目指した小弓道療法』
田岡浩一(2F思春期デイケア、小弓道・マルチダーツ療法担当指導員)
  体験発表1. 『不登校・ひきこもり・薬物依存症からの回復』
座長:佐藤渉(医療法人耕仁会 札幌太田病院医師)
13:50 『入院治療を経て〜これからの自分へ〜』
A.B.(10代男性、不登校、ひきこもりなど)
14:00 『3度の入院治療を通して気付いたこと』
C.D.(30代女性、薬物依存症など)
14:10 講演1. 『経済的に豊かな国と貧しい国での心の健康とスピリチュアリティ』
杉岡良彦(旭川医科大学医学部医学科、健康科学講座講師
  体験発表2. 『摂食障害からの回復』
座長:長岡徹(医療法人耕仁会 札幌太田病院医長)
15:05
『病気になって前向きな私に変われたことと』
E.F.(20代女性、摂食障害)
15:15
『周囲の人々に支えられて』
G.H.(20代女性、摂食障害)
15:25 講演2. 『あなたには、あなたにしかできない使命がある』
石垣則昭(登別市立緑陽中学校校長)
16:25 講演3. 『「発達障害ではなく発達潜在」の天才の卵たち』
池上公介(学校法人池上学園理事長)
17:25 閉会挨拶 青木藩(札幌医科大学名誉教授)

戻る
ページ上へ
HOME開催一覧主催・運営事務局会則会の歴史・沿革プライバシーポリシー