北海道でのいじめ・暴力・ひきこもり治療について考える。体験発表や講演、研究報告、発表会情報
北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会
 
札幌市西区山の手5条5丁目1−1  TEL 011-644-5111  
HOME 開催一覧 主催・運営事務局 会則 会の歴史・沿革 プライバシーポリシー
 
HOME > 開催一覧 > 第8回 研究会開催概要
第8回 北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会開催概要
体験発表6題
(不登校・ひきこもり・家庭内暴力・摂食障害などからの回復体験発表会)
第8回 北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会の概要
日 時: 2005年6月18日(土) 13:30〜17:10
主 催: 北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会
会 場: 札幌市教育文化会館 講堂(4階)
札幌市中央区北1条西13丁目
後 援: 北海道医師会、札幌市医師会、北海道教育委員会、
札幌市教育委員会、北海道学校保健会、
札幌市学校保健会、北海道内観療法懇話会
北海道医師会の承認を得て
「北海道医師会生涯認定教育講座」(3単位)として開催

第8回 北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会開催にあたり
「光陰矢の如し」。早いもので当研究会も平成12年3月発会より、4年半の歳月が流れました。この間にも私達をとり巻く環境情勢も目まぐるしく変化、現実的適応、順応していくのにさまざまなハードル、困難な時代を迎えています。今は、若者の場合、失業とはいわず、無業と言う更に深刻なニート族の増加があるとも聞いています。

 まったく非生産的、無機質な存在、善悪分別以前の本能的衝動事犯、今まさに『内観』が若者に必要な時代であると思われます。

 ケータイ電話、パソコンゲーム、インターネット上での交流で果して人格形成にいか程のプラス効果があるのか疑問に感じています。

 自分自身の破壊(陰性)感情を早期に発見、自覚、処理。わだかまり、とらわれからの開放、終生笑顔を絶やさず、夢、希望に生きる、活かされる。この研究会で、必ずあなたの苦悩、問題を解決するヒントが得られるはずです。

 是非、皆様お誘い合わせの上、気楽気軽にご参加くださいますよう、心よりお願い申し上げます。
平成17年6月
北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会会長 内海 由雄

プログラム
13:30 開催挨拶 内海 由雄(北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会会長)
  研究発表1
座 長: 小川 説子(小児科医)
13:35 「札幌ピア・カウンセラーの会」活動報告
宮前 弥子(心理士)
13:50 行為障害を呈す不登校児の早期発見・治療解決の有効性
奥村 弓恵(心理士)
14:05 過量服薬など問題行動を呈す思春期女性の治療経験
石川 正人(心理士)
14:20 講演
座 長: 阿部一九夫(医師)
 
あなたの心は健康ですか?
〜思春期の心の健康、現在の治療法などについて〜
太田 秀造(札幌太田病院院長)
15:20 休憩  
15:30 体験発表  
  不登校・ひきこもりからの回復
S.T(30代男性、不登校やひきこもりを支援する会会員)
15:50 私の人生の転落と回復
S.S(30代女性、摂食障害)
16:00 ひきこもり、家庭内暴力からの脱却
N.T(20代男性、ひきこもり、家庭内暴力)
16:10 死ぬことの愚かさ、生きることの素晴らしさ
T.N(30代女性、摂食傷害、自傷行為頻回)
16:20 病棟内・内観療法を体験して
A.A(10代女性、不登校、うつ)
16:30 内観で気付いたこと
都築 誠(薬剤師)
16:40 研究発表2
座 長: 小田島 早苗(看護師)
  思春期における家族・学校・医療機関の連携の重要性
森居 千春(看護師)
16:55 家庭内暴力の20代男性への病棟内・内観療法の経過
濱野 宏亮(看護師)
17:10 閉会挨拶  
 掲載抄録一覧はこちら

戻る
ページ上へ
HOME開催一覧主催・運営事務局会則会の歴史・沿革プライバシーポリシー